自分にぴったりのウェディングドレスをレンタルする際の注目ポイント

ウェディングドレスのレンタルでは白の種類に注目しよう

スマホを見る

一生の思い出となるウェディングドレスをレンタルしたり、通販で購入したりする際には自分にいちばん似合うものを選びたいものです。ウェディングドレスといえば純白というイメージが思い浮かびますが、ひとえに白といってもウェディングドレスには3種類の白があるのです。それはホワイト、オフホワイト、アイボリーです。同じデザインのドレスでもこの色味の違いによって与える印象はかなり異なるものです。そこでウェディングドレスをレンタルする際にはこの3つの色の特徴を押さえて、自分の肌に合った色を選ぶことをおすすめします。ホワイトはまさに純白のことです。蛍光灯のように青みがかっているのが特徴です。ホワイトは色白の肌に似合います。また濃い黒髪の女性にぴったりとマッチします。オフホワイトはホワイトより少し柔らかい印象の白です。たとえるならば陶器のような白さともいいます。この色は日本人の肌色にとてもなじみがよいので、実際のウェディングドレスのレンタルでもオフホワイトのものは非常にポピュラーで需要があります。アイボリーは少し黄味がかかった白で温かみが感じられます。生成りで肌を明るくみせる効果が期待できます。アイボリーは健康的な色黒の肌にも似合うとされています。

シルエットが似合うウェディングドレスをレンタルしよう

ウェディングドレス選びで大切なポイントは、自分がきれいに見えるシルエットのものを選ぶことです。通販で購入する際には、写真をよく見てドレスのデザインを研究してみましょう。レンタルする場合にはお店でいろんなシルエットのものを試着してみたいものです。効率的にウェディングドレスをレンタルしたいならば、ウェディングドレスの代表的なデザインを知り、自分の体形にあうデザインを知っておくことも大切です。レンタルショップではデザインごとにドレスをディスプレイしているところが多いです。Aラインのドレスはクラシカルな趣があり、スタイルが良く見える特徴があり王道のラインとよばれます。プリンセスラインはAラインよりも裾に向けてのボリュームがあって、おとぎ話のお姫様のようなふんわりロマンティックなイメージです。スレンダーラインは体の細見なラインが特徴ですっきりした清楚なイメージです。華奢な体型の女性にお似合いのスタイルです。マーメードラインはぐっと大人っぽいデザインなので、エレガントでゴージャスなイメージで背の高くスタイルに自信のある方にもおすすめです。ウェディングドレスにはセパレートタイプのものもあります。こちらは動きやすいので、屋外でのガーデンウェディング、リゾートウェディングなどにもおすすめです。

ガーデンウェディングにあうウェディングドレスをレンタルしよう

室内での挙式とはまた違った、開放的でナチュラルなイメージのガーデンウェディングを行うなら、ガーデンウェディングにふさわしいドレスをレンタルすることがおすすめです。レンタルや通販のウェディングドレスのサイトをチェックしてみると、白いウェディングドレスにはホワイト、オフホワイト、アイボリーなどの色味がありますが、ガーデンウェディングではナチュラルな感じを活かしたアイボリーのドレスをレンタルすることをおすすめします。また屋外で長時間過ごすことを考えると、裾が地面に引きずらないように、少し短めなドレスがおすすめです。ミモレ丈のドレスやフィッシュテールのデザインのドレスも足が少し見えるので、カジュアルな感じに仕上がります。思い切ってミニスカート型のドレスに挑戦してみるのもおすすめです。また、ガーデンウェディングでは動きやすさを重視して、セパレートタイプのウェディングドレスもおすすめです。セパレートタイプのウェディングドレスはワンピース型と比べて、カジュアルな感じも演出できます。またガーデンウェディングではエンパイアラインというタイプのドレスも似合います。このラインはギリシャ神話のヴィーナスが着ていたといわれ、ナチュラル感があるデザインで屋外の自然の風景になじみやすいからです。

Recommend Article

Links

Top